当社では負荷運転点検だけでなく、保全策点検、内部観察点検もすべて対応致します!

無停電で点検できる負荷運転について

NHKでも負荷運転について取り上げられました。

NHKの報道によると、2018年6月に発生した大阪府北部地震で揺れが強かった大阪の6つの市で情報公開請求を行って調べたところ、およそ6割にあたる約138の病院施設で消防法に基づく非常用電源の点検が行われていなかったことが分かりました(引用元:NHK NEWS WEB 2018年7月18日配信のNEWSより抜粋)

左記の映像のように突然の停電が起きてしまったときに動かない非常用発電機が、東日本大地震、大阪府北部地震において、数十パーセントと総務省消防局予想をはるかに超えて、大災害となる恐れがありました。
それは今まで発電機のエンジンに負荷をかけた負荷運転点検を全国規模でしていなかった為です。
総務省は2018年6月より全国140万機あると言われている、すべての発電機の法令による点検の義務付けを強化しました。

負荷運転 負荷試験 非常用発電機 自家用発電機 発電機 安い 安く 格安 激安 法令点検 中央区 東京都 全国 関東 優良 価格 発電機負荷試験装置 費用 方法 改正 義務 資格 総合点検 法律 自家発 消防法 負荷運転とは 負荷試験とは 計算 6年 保全策 内部観察 消防庁 見直し 埼玉県 さいたま市 神奈川県 海老名市 栃木県 栃木市 新宿区 所沢市 千代田区 武蔵野市 豊島区 墨田区 世田谷区 ジェーアンドジェーコーポレーション J&Jコーポレーション ジェーアンドジェー J&J NHK

模擬負荷試験機による負荷運転のメリットと当社の強み

低圧発電機では、実負荷運転・保全策と比べて大幅にコストダウン!

低圧の負荷運転を実施する際に乾式ヒーターを使用した最新式の小型模擬負荷試験機により実施致します。
この小型軽量化された模擬負荷試験機を使用することにより、大幅なコストダウン!低価格で点検可能です。

無停電でさらに短時間で点検実施

従来は全館停電または一部停電してからの作業が一般的でしたが、発電機の配線を商用と切り離して模擬負荷試験機に接続する為、無停電でも可能になりました。作業時間もおよそ1時間半程度で可能です。

発電機のメンテナンスもしっかり実施!

新たに加わった予防的な保全策では、消耗品をメーカーが指定する推奨交換年内に交換が必要です。
その為、まだまだ使える潤滑油や冷却水の交換が必ず必要になり、コストが割高になる場合があります。
模擬負荷試験機での負荷運転点検では個々の消耗品の劣化状況に応じて必要な時に交換していきます。
コストが安価になるだけでなく、負荷運転も行うので発電機を常に健全な状態にします。

資格取得者やアドバイザーが点検致します!

第1種、第2種電気工事士
非常用発電機負荷試験点検アドバイザーが在籍

さらに当社では下記工事業も取得
一般建設業 電気工事業(般・24) 第138264号 取得
登録電気工事業 東京都知事届出 第248905号 取得

当社の模擬負荷試験機による負荷運転 点検報告書(例)

消防本部提出用

まずはご相談ください! 無料でお見積り致します 点検希望の方はこちら

PAGE TOP